土地・建物の一括査定売却システム 不動産一括査定.com 首都圏エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉 関西エリア 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
             

トップページ > 不動産ニュース&トピックス−不動産査定を一括で依頼!不動産一括査定ドットコム

不動産ニュース&トピックス 一括査定依頼はこちら


住宅の買い時感、7割超が「買い時」と回答
(2014/10/07)

アンケートニュース

(独)住宅金融支援機高ヘ26日、2014年度下半期における「住宅市場動向」調査結果を発浮オた。

 フラット35の利用があった住宅事業者(回答数756)、14年10月1日以降に住宅取得を検討中の25〜59歳の一般消費者(同1,287)、およびセミナー等機豪ニ務に協力したファイナンシャルプランナー(同54)の3者に対しアンケート調査を行なったもの。

 それによると、受注・販売等の見込みについては「14年上半期と同程度」との回答が44.7%と最多。「上半期と比べて増加」の回答も41.1%にのぼり、「上半期と比べて減少」は14.2%にとどまった。増加する要因は、「次の消費税率引き上げ(8%→10%)前の駆け込み」(70.9%)、「住宅ローン金利の低水準」(40.5%)、「消費税率引き上げ後の反動減からの回復」(28.5%)など。

 一般消費者の下半期における住宅の買い時感については、72.3%が「買い時」と回答し、「買い時だと思わない」の27.7%を大きく上回った。ファイナンシャルプランナーは、72.2%が「買い時」および「どちらかといえば買い時」と回答。「どちらとも言えない」が24.1%、「買い時ではない」および「どちらかといえば買い時ではない」は3.7%にとどまった。

 住宅事業者が今後重点的に取り組む事項については、「建物の性煤v(56.6%)、「設備の性煤v(49.3%)、デザイン(34.0%)などハード面を重視する回答が多かった。また、一般消費者における住宅事業者選びで重視するポイントは、「建物の性煤v(61.3%)、「デザイン」(39.5%)、「住宅価額や手数料」(38.0%)と続いた。





トップページへ戻る


暗号化 不動産一括査定.comは、SSLサーバ証明書を使用して、個人情報を保護しています。
httpsで始まるアドレス上では、全ての情報が暗号化されるので、安心してご利用いただけます。


登録不動産仲介業会社一覧  不動産会社様へ  会社概要  利用規約  個人情報保護
東京・神奈川・埼玉・千葉滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
の不動産(土地・マンション・一戸建て)査定専門サイト 不動産一括査定ドットコム

Copyright (C) 2007-2010 fudousansatei.com All Rights Reserved.